薄毛治療の病院と費用をしっかし比較して、あなたの薄毛を治すための情報サイト

AGA治療で使う薬の副作用とは

AGA治療で使う薬には、副作用があるので、十分に注意しないといけません。AGA治療で使う薬には、プロペシアという飲み薬と、ミノキシジルというつける薬があります。どちらも即効性はありませんが、ある程度の時間をかけ使用すると、ゆっくりと効果が出てきます。しかし両者には、副作用があります。プロペシアは、錠剤タイプの飲む育毛剤で、主な成分はフィナステリドです。

元々、前立腺肥大症を治療するための薬だったのですが、抜け毛抑制の作用があることが分かり、AGA治療に利用されるようになりました。服用すると男性ホルモンによる発毛阻害がなくなるので、髪の成長バランスを整えることができます。3年使用で70%以上の人に改善がみられるのですが、副作用として、性欲低下、勃起不全、じんましん、倦怠感などが懸念されています。但し、発症率は極めて低いです。

ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけることで、発毛を促進します。ミノキシジルには、元々高血圧の人に処方していた薬なので、血圧が低くなり過ぎる危険性があります。他にも、頭皮のかゆみやかぶれなどの接触皮膚炎、じんましん、脂漏性皮膚炎などの副作用が出る場合があります。

カテゴリー
薄毛治療の病院で無料カウンセリング
ヘアメディカル│発毛専門AGAクリニック(男性も女性も可能)
メディアで話題の薄毛治療の病院。男性だけで無く、女性も安心して通える薄毛治療クリニックです。
AGAスキンクリニック│AGA治療の病院
img002
血液検査から個人に合わせた薄毛治療を施すクリニック。女性専用サロンも併設しているので安心です。
医薬部外品の育毛剤ローション